でこぼこの実の目指す事

りんごの量感画

りんごの量感画

私たちは、今、テクノロジーの進歩のお陰で様々の便利な道具を使いこなして快適な生活をしていますが、一方で、便利なだけでは人間は幸せに暮らせないのではないかと思わせる出来事も色々と起きています。効率を追求し、早いスピードが要求されて、それによる弊害も出ています。個性を持ちなさいと言われているにも拘らず、実は知らないうちに画一化の下に置かれてしまっている場合もあります。毎日、新聞を眺めると、心を痛める事件が載っていない日がないような状態です。人々は様々なストレスを抱えて生きていて、生きづらさから鬱病になる人も増えていると言われています。

アートの世界では答えは一つではありません。違いを違いとして尊重します。効率もスピードも関係がなく便利という言葉と無縁です。だからこそ、アートは現代の人々の抱える問題に役に立てるのではないでしょうか。アートのような人間の根源に根ざすものが、より必要とされているように思います。

一口にアートといってもどのような関わり方をするかは様々です。鑑賞すること、制作する事、その関わり方も色々あるでしょう。制作する事にも、プロとしても関わり方というものも勿論ありますが、人間の本来もっている自然な行為の一つとして、誰でも楽しむことの出来るアート制作をするという関わり方をしてみるのはいかが?というのがでこぼこの実のアート制作です。

でこぼこの実で行うアート制作は誰にでも出来るように工夫されたプログラムを、自分たちで何度も試作した上で提供します。上手とか下手ということは問題にせず、自分を表現することを楽しむことを目的とします。制作の結果として個性的な魅力溢れる作品が出来上がりますが、プロセスもとても大切と考えます。

自分を表現することを楽しむと、きっと皆さん、解放感を味わい、気分がリフレッシュしたり、自信を回復したり、心の豊かさ感じ、心も体も健康に感じることが出来るようになると信じます。また、それぞれの違いを認め合ったり、優しい気持ちになったり、それがコミュニケーションの幅を広げたりしてくれるかもしれません。

このように、アート制作通して、

●子どもたちには自分たちを大好きになってもらいたい。

●子どもを育てている親たちには、笑顔を引き出し、「大丈夫」との自信をつけてもらいたい。

●教育現場において、芸術教育の衰退を危惧し、先生たちに力をつけて活躍してもらいたい。

  • 高齢者には、豊かな時間と元気な笑顔を取り戻してもらいたい。

これが、私たちの望むことです。

このような形の社会貢献を目指して、私たちはでこぼこの実としての活動を開始しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です